タグ別アーカイブ: 平山りえ個展

「初恋」個展 へのご来場ありがとうございました

3/14~23「初恋」個展 / in 大黒ギャラリー くわみつ(福山)
島崎藤村の詩によせて、初恋をテーマの個展、無事終了いたしました。

 

今回の展示は、自分にとって大きなチャレンジでした。
新しい試みを出し切れるかどうか。人に受け入れられるかどうか。

 

有言実行と大きな口を叩きつつも、実際に形にできるのかが、とても不安でした。

何度も、カタチにできなかった時の恐怖感で青ざめたし、当時の辛い恋に大泣きしながら作ったり、夜中に炙った針を蝶のキャンドルに刺して穴をあけている自分の姿に笑ってしまったり。

 

初個展もそうでしたが、くわみつ2回目の個展も、1か月間なんだか命がけでした(笑)

 

 

このような展示をさせてくださった、くわみつの博子さんとくわみつのお父さんに心より感謝します。
そして、たくさんの方にご縁をいただき、感動を分けていただけたこと、本当にありがとうございました。

 

またお目にかかれることを楽しみにしております!

 

 

 

ha-031 ha-004 ha-015

初恋キャンドル展島崎藤村キャンドル展

初恋キャンドル展

「初恋」個展へ向けてのごあいさつ

私は物心ついたころから変わりゆくものへの恐怖心があります。
時間、温度、光景、気、物の形…
変わることによる喜びもありますが、喜びには悲しさがついてくると感じています。
悲しみは美しく、そこにエロスを感じることもあります。

 

恋もそうです。
持論ですが、初恋は、一度ではないと思うのです。
恋の度に、人も違えば環境も考えも全ての状態が変わるからです。
そして、初めての恋にとまどい、喜び、悲しみ、考え、愛を学ぶのだと思うのです。

 

 

今回の展示に「初恋」という題材を選んだのは、短期間に変動し続ける心の葛藤を表現してみたいと思ったのと、一つ一つの作品というだけでなく、全体が一つとしての物語を作ってみたいと思ったのです。

藤村の淡い初恋の喜びと、内に秘められた燃え上がる恋の炎をベースにし、私の感じる「恋」というものの不安定な憂いの美しさを形にしてみたいと思いました。

 

そして、近代詩の父と呼ばれる藤村は、文学界で大きな批判を買いながらも新しいものを作っていこうとした人であり、封建的な出版界を覆した人でもあります。

私も何にとらわれることなく、常に新しいものへの挑戦をしていきたい、そんな思いも込めています。

 

 

そういうわけで、「初恋」キャンドル展が明日から始まります。
FBとブログ、ホームページにて毎日一つずつ、藤村に絡めた作品の紹介と、よくある初恋の物語とを絡めて、作品を紹介していきたいと思います。

 

物語は私の創作の恋バナなので、ブログでのみ公開します。
文章はあまり上手くありませんが、作品とそれを見る人を恋の色に染めてくれることを願っています。